トップ > 流氷にあえるかな? > 日記集 > 遊楽倶楽部さん

わしのとまり木さん(旧:遊楽倶楽部さん)の流氷日記

わしのとまり木さん(旧:遊楽倶楽部さん)の流氷日記

網走は地震の影響は全くありません:わしのとまり木さんの流氷日記:2019年2月22日

アイコン

昨夜胆振地方で震度6弱を観測した地震がありましたが、網走・知床などオホーツク海側は全く影響は無く、停電もありません。全てが平常通りです。今日も安心して流氷観光をお楽しみください。

今朝の北浜 流氷再接近:わしのとまり木さんの流氷日記:2019年2月21日

アイコン

今シーズンの網走の流氷は行ったり来たり。今朝の当宿から見る北浜の海は流氷が再び近付いて来ました。8時50分頃に当宿から撮影した流氷です。

北浜では見えませんが能取岬にはあり:わしのとまり木さんの流氷日記:2019年2月20日

アイコン

今朝も北浜では見えませんが、網走市内の沖から能取岬方面では近くに漂っているようです。

今朝の北浜 流氷見えません:わしのとまり木さんの流氷日記:2019年2月18日

アイコン

流氷群は沖にあるのですが、今朝の北浜わしのとまり木からはちょっと見えません。8時20分頃の当宿からの撮影です。砕氷観光船「おーろら」は9時30分の便は流氷ありでの運航になっているので市内〜能取半島方面沖にはあるのでしょう。

今朝の北浜 流氷十分楽しめます:わしのとまり木さんの流氷日記:2019年2月15日

アイコン

今朝7時20分頃の北浜の様子です。今日も網走周辺の海はほとんど流氷で覆われています。

結果的に接岸状態?:わしのとまり木さんの流氷日記:2019年2月14日

アイコン

海岸と沖の流氷群との間の海面が凍った上に雪が積もって今朝の北浜から見る海は一面真っ白です。でも沖の流氷が押し寄せたわけではないのでほぼ平。今朝8時15分頃にわしのとまり木から見た北浜の海です。

今朝の北浜 海面凍っています:わしのとまり木さんの流氷日記:2019年2月13日

アイコン

今朝9時15分頃の北浜の海岸の様子です。
流氷は今朝も昨日までとほぼ変わらず、北浜では沖に離れて見えていますが、昨日午後から手前の海面が凍ってきました。そして今朝は更に厚みを増した感じです。凍った海面をご覧下さい。

今朝の北浜 流氷後退:わしのとまり木さんの流氷日記:2019年2月12日

アイコン

今朝の北浜周辺の流氷は昨日よりもさらに離れ、やや東寄りの水平線付近に何とか見えている状況です。
砕氷船「おーろら」は9時30分の便は流氷無しになっています。
今朝8時30分頃の当宿から見た様子です。

流氷物語号の車窓から:わしのとまり木さんの流氷日記:2019年2月11日

アイコン

今朝の北浜の流氷は昨日までとほぼ変わらず、沖に見えている状況です。網走〜北浜周辺ではそのような状況ですが、3月3日まで運転されているJR釧網線の観光列車「流氷物語号」では止別〜知床斜里で接岸した流氷が車窓から楽しめているようです。今朝の写真は網走市観光ボランティアとして流氷物語号に添乗してお客様のご案内をしているMOTレール倶楽部のスタッフが撮影した昨日の止別〜知床斜里の車窓からです。

今朝の北浜 手前に氷泥沖に流氷:わしのとまり木さんの流氷日記:2019年2月10日

アイコン

厳しい寒さが続いています。北浜は今朝も流氷群は沖に見えていますが、手前にはこの寒さにより海面がシャーベット状になった氷泥に覆われています。9時15分頃に当宿から撮影した海の様子です。

>> 過去の一覧