トップ > 流氷はいまどこに?

流氷は今どこに?

流氷情報について

「いつ行ったら流氷とあえるの?・・」それは、その日の風や気温しだい。いつ接岸するかは、予想はできないのです。いま予想できることは、このまま地球規模の温暖化が進めば、日本で流氷にはあえなくなってしまうことでしょう。温暖化を止めるために、いま私たちにできることをしっかり実行していきたいですね。

日本では流氷の観測を第一管区海上保安本部に設置された流氷情報センターが行っています。「流氷は今どこに?」では流氷情報センターの観測データを元に、分かりやすいアニメーションで流氷の位置を一日単位でお伝えしています。  >> 最新の流氷位置

過去の流氷記録

網走の流氷記録
流氷初日 接岸初日 流氷終日
2016
2015
1月12日
1月19日
3月8日
(海明け3月3日)
2014
1月21日
2月9日
4月30日
(海明け3月7日)
2013
1月12日
1月17日
4月2日
(海明け3月13日)
2012
1月17日
2月17日
4月16日
(海明け3月29日)
2011
1月19日
1月29日
3月12日
(海あけ2月21日)
2010
1月22日
2月8日
3月30日
(海あけ2月22日)
2009
2月3日
2月19日
3月17日
(海あけ3月3日)
2008
1月19日
1月26日
4月10日
2007
1月18日
2月16日
4月13日
2006
1月23日
2月6日
3月25日
2005
1月26日
2月7日
3月26日
2004
1月31日
2月17日
3月24日
2003
1月11日
1月26日
4月28日
2002
*12月27日
1月17日
3月25日
2001
1月6日
1月8日
4月8日
2000
1月18日
1月31日
4月4日
1999
1月13日
2月12日
4月18日

網走の流氷観測グラフ





流氷初日:視界外の海域から漂流してきた流氷が、視界内の海面で初めて見られた日
接岸初日:流氷が接岸、または定着氷と接着して沿岸水路がなくなり船舶が航行できなくなった最初の日。
海明け:全氷量が5以下となり、かつ沿岸水路ができて船舶の航行が可能になった最初の日。
流氷終日:視界内の海面で流氷が見られた最後の日

*2001/12/27のこと。

情報元:網走地方気象台

最新の流氷位置

このコンテンツにはFLASHが使われています。閲覧するにはFlashplayerが必要です。

流氷Flashは、流氷情報センターで公開されている「海氷速報図」の最新データを元に株式会社ノア(NOAH,Inc.)が1999年から作成しているものです。1月から3月まで日々更新を行います。更新時刻は18-21時頃となります。

スマートフォン対応サイト
「流氷にあえる旅 〜AERUなび〜」へ
×