トップ > 流氷にあえるかな? > 日記集 > 須藤勝則さん

須藤勝則さんの流氷日記

須藤勝則さんの流氷日記

沖に白線(流氷が)見えます:須藤勝則さんの流氷日記:2017年3月30日

アイコン

岸辺 海岸に流氷が 18日以降 流れ着いていない=離岸した状況なので 
流氷の偵察/観察もしていません が 寒いのです
やはり 丘に上がると 沖合に流氷の白線が見える、

●●(表題を記入):須藤勝則さんの流氷日記:2017年2月25日

アイコン

流氷は 沖に流れて 青空を映す 青い海が広がっています

この先の 流氷の動きは 判りません
北風の吹く 暴風雪が吹き荒れない限り 今日が海開けに成るのでしょう

流氷物語号で浜小清水へ:須藤勝則さんの流氷日記:2017年2月24日

アイコン

JR北海道の臨時列車 『流氷物語号』の臨時編成 ルパン三世号付きに乗り
浜小清水駅裏の展望台まで 流氷偵察して来ました。

****ご注意:流氷物語号は2月28日までの運行です、3月は運行していません******

対策は 10:30網走発で浜小清水(10:54着) 浜小清水発『11:34』で網走へもどる 滞在時間は40分
また。斜里発08:34(この列車 釧路始発06:02です)に 乗り 浜小清水着08:52で降りる
次の浜小清水発11:34 網走行きに乗る(二時間半どうする?)
バスに乗り換えるて 方法が有ります、この駅前に停留場があります、各自調べて下さい

22日 能取岬:須藤勝則さんの流氷日記:2017年2月22日

アイコン

流氷のビューポイント 能取岬

地元の人間にしてみたら 撮影意欲が湧く 光景では無く
海が凍ってる と驚く人等は どう感じる光景なのだろう??

JRの釧網本線に乗ろう:須藤勝則さんの流氷日記:2017年2月22日

アイコン

この場所 気に入りました
藻琴から北浜へ向かう 国道が二車線に成る場所 小さな駐車帯も在るし
階段が在り(津波時の避難用と推測)(雪に埋もれて事多いけど) 丘に上がれます 

知床連山が 姿を見せる:須藤勝則さんの流氷日記:2017年2月20日

アイコン

浜小清水 あ〜これが 絶景なのかも

接岸した流氷は網走近辺には 見当たらず。:須藤勝則さんの流氷日記:2017年2月19日

アイコン

朝 アメダスの表示の風向きを調べると 西南西 弱め 
ん〜  微妙 
接岸している流氷を期待出来るのは 浜小清水辺りかと? 

が 駄目でした。(能取岬は 偵察せず)

流氷は 能取岬には接岸してる:須藤勝則さんの流氷日記:2017年2月18日

アイコン

網走〜浜小清水 さらにその東(斜里は判りません)までは接岸まで い足らず。

天気予報(週間)が外れて 青空の晴れ:須藤勝則さんの流氷日記:2017年2月18日

アイコン

寒さが戻って来ました 風もそこそこ吹いています ただし西風
網走の海岸から 沖へ遠ざがった 流氷が 戻って来る北からの風では無いですが
ゆっくり 戻って来ると思います =ゆっくりですよ。

北西からの風は 網走にとっては ちょうど能取岬が防波堤みたいな
防風堤なんですよ 北浜の海岸まで 風が弱まるです。
流氷は海に浮かんでる 漂流物 どこへ流れて行くか 
それを推測して 行動してます。

北浜海岸 能取岬:須藤勝則さんの流氷日記:2017年2月16日

アイコン

明日も 南からの風が吹くと さらに流氷が 遠ざかると思うけど 

>> 過去の一覧